せんじゅ眼科

受診の流れ

診療を受けられる方へ

地元のかかりつけ医としてお気軽にご来院いただき、目のことでお困りのことは、どんなことでもご相談下さい。

診療予約

当院では待ち時間軽減のため、「診療予約システム」を導入しています。医師指定の希望がある場合も予約をおすすめします。
ただし、予約枠は限定数です。予約が取れなかった場合は、直接ご来院ください。

診療予約はこちら

問診票

初めて当院を受診される方に受付で記入をお願いしているものです。
より確実にご回答いただくために、前もってお時間のある時のご記入をおすすめいたします。事前に記入したものを来院時にお持ちいただくことで受付に要する時間も短縮できます。

ご希望の方は、ダウンロードしたファイルをA4用紙に印刷してご利用ください。窓口での受付も通常通り行っております。

問診票ダウンロード

お持ちいただくもの

初診の方 再診の方
初診の方
  • 健康保険証
  • 紹介状(お持ちの方のみ)
  • 各種受給者証(老人・公費等:お持ちの方のみ)
  • 現在服用中のお薬やお薬手帳(該当する方のみ)
  • 問診票(あらかじめ記入した方のみ)
再診の方
  • 診察券
  • 健康保険証

※その月の初回受診時には、健康保険証・その他医療証の確認をさせていただきますので必ずご持参ください。確認できない場合、実費での医療費徴収となることがありますのでご注意ください。(後日保険証をご持参いただくことにより精算できます。)

※保険証に変更があった場合は、速やかに新しい保険証の提出をお願いいたします。

※診断書・証明書が必要な方は、受付スタッフにお申し出ください。

診察の流れ

受付

初診の方 再診の方
初診の方受付で保険証・紹介状(お持ちの方のみ)を提出して、新患の登録をしてください。 再診の方受付で診察券を提出し、待合室にてお待ちください。

結膜炎による感染予防のため、「充血」「めやに」などの症状がある方は、受付の際にお申し出ください。

問診

初診の方 再診の方
初診の方問診票を記入して提出し、待合室にてお待ちください。 再診の方前回までとは別の症状で受診される場合は、受付にその旨お申し出ください。

問診票記入に際してご不明な点がありましたら、遠慮なく受付にお尋ねください。

眼科検査

医師の診察前に、視力眼圧など眼科的検査をします。診察の精度をあげ、適切な治療を選択するためです。
ウイルス性結膜炎が疑われる場合や、乳幼児の場合は直接診察室にお呼びする場合もあります。

診察

検査結果や問診内容を確認し、検査機器を用いて診察します。眼科の検査は苦痛を伴うものは少ないですが、眩しいかもしれません。
モニターなどを用いて、診察結果、病気のお話や治療方針について、ご説明いたします。

追加検査および治療

当日可能な検査があれば、再び検査員が検査をします。内容によっては、後日検査となる場合もあります。
薬剤を用い、瞳孔を広げてから、再び検査・診察が必要な場合があります。その際は、30分程度お待ちいただきます。

会計

受付で会計をします。院外処方せんを発行します。
次回、来院目安は、翌日~1年後と疾患・程度によって、様々です。

※病状や検査の内容などにより順番が前後することがありますので、ご了承下さい。

※メガネ処方および当院ではじめてコンタクトレンズ作成をご希望される患者様は、検査や説明等で時間がかかります。午前・午後とも受付終了時間の1時間30分前までに余裕を持ってご来院いただけますようお願いいたします。

※糖尿病、飛蚊症、黄斑変性症、白内障、緑内障などの疑いのある患者様は、診察時に瞳孔を広げる目薬を使用する場合があります。この目薬を使用した場合、4~5時間見え方がぼやけてまぶしくなるため運転などが難しくなります。ご自分でお車を運転してのご来院はできるだけ控えていただくようお願いいたします。

高額療養費制度について

高額療養費制度とは、手術や抗VEGF硝子体内注射を行っている方などで、医療費が高額になり、1か月の自己負担額が上限を超えると、超過分が償還される制度です。

自己負担額の上限は、年齢や所得に応じて患者様ごと(複数の医療機関合算)の上限となります。いくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みもあります。

超過分はご本人からの申請により償還されます。所得・年齢ごとの自己負担限度額及び申請方法など詳細については、厚生労働省のホームページ「高額療養費制度を利用される皆さまへ」のPDFファイルをご覧ください。
なお、申請時に領収書が必要になりますので、手術を行う月の治療領収書は他院も含めてすべて保管しておいてください。 生命保険などに加入していて手術給付金特約がついている方は、給付金を取得するため手術証明書を記載させて頂きますので、ご契約の生命保険会社にご確認の上、所定の用紙をお取り寄せください。

→厚生労働省のホームページへ

診療時間表

9:00-12:30
13:30-17:00

※日曜、祝日休診

診療内容

眼科一般診療

  • 白内障
  • 緑内障
  • 小児眼科
  • コンタクトレンズ
  • 網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、高血圧眼底、飛蚊症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、黄斑浮腫
  • 虹彩炎、ブドウ膜炎
  • アレルギー性結膜炎、花粉症、ドライアイ(乾き目)、眼精疲労(疲れ目)、急性結膜炎、角膜ヘルペス
  • 流涙症(涙目)、麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫
  • 眼瞼けいれん、片側顔面けいれん
  • 結膜弛緩、翼状片、眼瞼下垂、眼瞼内反、眼瞼外反、睫毛乱生
  • 屈折異常(近視、遠視、乱視)、弱視
  • 老眼
  • 眼鏡、コンタクトレンズ
  • 小児眼科  など

緑内障・ぶどう膜炎・神経眼科・角結膜疾患・網膜硝子体疾患・眼瞼眼窩疾患については専門外来を一般診療外来内で行います。診療スケジュールをご覧の上ご来院ください。

レーザー治療・硝子体内注射

  • 網膜光凝固治療
  • 緑内障治療
  • 後発白内障治療
  • 抗VEGF薬剤硝子体内注射  など

手術

  • 白内障手術
  • 外眼部手術(眼瞼皮膚弛緩・眼瞼下垂、内反症、外反症の手術など)
  • 眼表面手術(翼状片切除術・結膜弛緩手術など)
  • 眼科小手術(霰粒腫・麦粒腫・涙点閉鎖術など)

自費診療

  • ドライアイ・マイボーム腺機能不全 自費診療(IPL)※2022年9月~
  • 眼科検診
ページトップボタン